読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミルトンマーケッツFXの口座開設や手法を解説するブログ

話題のFX会社を解説。これを読めば信頼性や安心度もすべてわかる。

ミルトンマーケッツのスプレッドは他より狭いのか?

FXを取引において、よりオトクに取引をしようとするならば「スプレッド」をよく見る必要があります。

f:id:bizyuuto:20160516104315j:plain

スプレッドというのは、言ってみれば手数料です。

例えば買値が100.02円、売値が100.00円の場合は差額の0.02円、つまり2銭がFX業者への手数料となるわけです。

 

要するに、このスプレッドが狭ければ狭いほど手数料が安くなるので、よりオトクに取引が出来るというわけです。

 

ミルトンマーケッツを見てみますと、最小(プレミアム)が0.2銭からです。

これは、日本を含め業界最低額なんです。

ちなみに、スタンダードであっても1.5銭からで、これは日本の業者並だと言えます。

 

更に、1000通貨から注文が可能ですので幅広い取引が出来ます。

そして、スプレッド内で指値が出来るという点もかなり珍しいですね。

レバレッジ800倍まで可能となっているのも、見逃せない点ですね。

 

これらの事から考えると、ミルトンマーケッツのスプレッドは他の業者に比べてかなり狭いと言えます。

日本の有名業者並なので、この点においてはかなり使いやすく感じられると思います。

初心者にも比較的扱いやすく、スプレッドも狭いため初めての人にもオススメできる業者ですね。